budousanのブログ

つれづれなるままに気ままに、たまに更新します。

5代目(・・?のクモ子登場

蜘蛛のクモ子を見つけました!(初対面( 一一))

多分5代目くらいです(・・?

古い桐箪笥周りに住んでいるようです。

掃除機で吸わないよう気を付けないといけませんね(-_-;)

さて、私はスマホ決済はもらったポイントを、消費するときにしか

基本使いませんでしたが、この前セブンイレブンにて現金で支払うときに

タッチパネルの現金の所を選択してくださいと言われ、世の中スマホ決済が

多勢になってきたのかなあーと考え込んでしまいました"(-""-)"

数年前にスマホに携帯を替えてから、

スマホでのネット利用率が高くなってきていますが

スマホ決済は、多くなると家計簿がつけづらくなると思い

あまり使いませんでしたが、色々調べてみて、楽天ペイと

ペイペイを主に使えるように整えて、レシートを分けておいて置くように

しようと思いました。ペイペイは稀に使っていましたが

楽天ペイは初めてですので、設定を私のだいたい納得いくようにするまでで

疲れました(-_-;)

ポイント的に楽天ペイを使ってみて、使えない時はペイペイで使っていこうと思います(^^♪

ですが、メインの一つのスーパーは、ペイペイしか使えませんでしたが

ペイペイもポイントは付きますので、まあ、よしです(^^♪

楽天ペイはまだ支払ったことありませんので、次の買い物はドキドキです(-_-;)

けど今は財布に小銭がパンパンです…これをさきに使わねば…(^_-)-☆

ところで聖子ちゃん、ニュース23に出てきていました(◎_◎;)

新しいCDを出されているみたいです。

続・40周年記念アルバム 「SEIKO MATSUDA 2021」みたいです。

聖子ちゃんの話しを聞いていた小川アナが、幸せそうでした( ;∀;)

それではみなさま、急な寒さにお風邪を召されませんよう、お気を付けくださいませ。

それではごきげんよう(^_-)-☆

銅鐸博物館にて

一気に寒くなって晩秋を感じさせます( 一一)

またいずれか、寒気は緩むのだろうか…

さて先日、win11にアップグレードして不具合ではないのですが

気付いたことがありました。

ブラウザのIE11がwin11では使えなくなっていて、

エッジのIEモードがあるのみになりました。(エッジを使わせようとする作戦か?)

IEに残しておいたお気に入りも見れなくなりました(;_;)

でもまあ、時代の流れですので仕方ないですよね…(私は今はChromeメインです)

さて過日、銅鐸博物館に行ってきました。

今、私の中で特に銅鐸がブームです(^_-)-☆

銅鐸博物館は、滋賀県野洲市にあります。

私は、JRの電車で行ってきたのですが車窓から琵琶湖が見れるかもしれないと

ワクワクしていました(^^♪

しかし、全然見れませんので半ばあきらめていたのですが

ほんとに少しだけ見れましたよ!(見つけることをあきらめないでよかった)

さて、銅鐸博物館ですが、野洲市で出土した大岩山銅鐸の展示を中心にして

銅鐸の謎に迫る日本初の博物館みたいです。

野州から出土した大岩山銅鐸には、

日本最大の銅鐸がありますが現在はここでは展示されていません。

(精巧なレプリカがありました)

野洲駅の観光案内図です。

f:id:budousan:20211018204527j:plain

バスを降りてから標識に沿って歩きました

f:id:budousan:20211018204756j:plain

公園と銅鐸博物館の看板の地図です。

f:id:budousan:20211018204917j:plain

公園の中に古墳もありました。結構な蜘蛛の巣が…

f:id:budousan:20211018205056j:plain

石棺もあります。

f:id:budousan:20211018205201j:plain

銅鐸博物館のあるこの弥生の森歴史公園には結構大きな蓮池がありましたが

この時期は花は咲いていませんでした。

f:id:budousan:20211018205329j:plain

竪穴式住居が複数と高床式倉庫がありました。

f:id:budousan:20211018205700j:plain

銅鐸博物館です。

f:id:budousan:20211018205935j:plain

展示室内の写真はNGでしたので、受付前のレプリカの銅鐸のみの写真です。

f:id:budousan:20211018210007j:plain

帰りしなに、公園の横に巨大な銅鐸の石像がありました\(◎o◎)/!

f:id:budousan:20211018210307j:plain

でかい!!

f:id:budousan:20211018210422j:plain

バス停に咲いていました。

f:id:budousan:20211018210514j:plain

銅鐸博物館での展示で思いましたのは銅鐸のような、なんて作るのに難しいものを

よくぞ弥生人は作ってくれましたな、と感じました( ;∀;)

今の技術をもってしても、これほど銅鐸を薄く作るのは難しいみたいです。

それと銅鐸の部分部分のネーミングは難し過ぎる!と思いました(;'∀')

銅鐸博物館は素晴らしい所でしたよ(^_-)-☆

リンク budouの独り言(俳句等)