budousanのブログ

つれづれなるままに気ままに、たまに更新します。

つなぐ展と銅鐸を観て

先日、旧居留地にある神戸市立博物館に念願の銅鐸を見に行きました。

特別展のつなぐ展も観覧しましたよ。

このコロナの情勢下での展覧会は、大抵事前予約制ですが

つなぐ展では当日の空き様次第で、予約なしでも行けますが、

HP等で前もって調べておくことをお勧めします(^_-)-☆

私が行ったときは、人も密ではなく、ゆったりと鑑賞できました。

この博物館では、特別な展覧会と常設展示に分かれています。

常設展示も2階の有料の展示と一階の無料の展示に分かれています。

特別展のチケットで、少し有料常設展示も割引がありました(^^)/

つなぐ展は前もって、何が展示されているかあまり調べずにいきましたが、

印象に残ったのは、やはり仏の絵の曼荼羅です。

仏一人一人が小さくぎっしりと描かれていて 単眼鏡でみますと

一人ひとりの顔が少しずつ違って見えて、ユニークでしたよ( ^)o(^ )

もう一点は聖徳太子二歳像が素敵でした!

見事な丸い頭と後ろの着物の裾のひだが印象的でした( 一一)

さて、特別展にも銅鐸が展示されていたのですが、レプリカでした。

レプリカですが、後で鑑賞した国宝の銅鐸と、もし並べて展示されたら

私には真贋は全くわからないと思いました…

細部の朽ち込みや錆が、本物のようにしか見えないですねΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

さて主目的の銅鐸鑑賞ですが、

この部分の展示室ではフラッシュなしでの写真撮影OKでしたので

バシャバシャしました!(撮る前は念のため問い合わせてご確認くださいね!)

コレクション展示の国宝の銅鐸たち(・・?です!

f:id:budousan:20201207153752j:plain

 

銅戈です。

f:id:budousan:20201207153822j:plain

 

銅鐸の一つです。かっこいい!!

f:id:budousan:20201207153901j:plain

 

一階常設展示の鰭付円筒埴輪です。大きい!!

f:id:budousan:20201207154549j:plain

この埴輪はよく見ると、鰭はほとんど修復されていて

オリジナル率が少めのように私には感じました。

ですが、見事で圧巻されます(@_@。

弥生時代の創造性と多様性と技術の高さをビシビシ感じましたよ(^_-)-☆

リンク budouの独り言(俳句等)